オリジナルTシャツ/クラスTシャツ/トレーナー・パーカー/ポロシャツ/ダンスチーム衣装/飲食店ユニフォーム

会社概要
FaceBookページ
ポルトガル語対応ページ

ホーム > デザインについて

Tシャツかジャケットかシャツか...どのボディーでオリジナルウェアを作るか決まったらデザインを決めて行きます。
デザインを作った事がなくても、シルクアートがサポートしますのでご安心ください。
ここでは、デザイン考案のコツや入稿の仕方を教えていきます。

デザインの決め方
プリントする位置を決める。

プリントサイズについて 

【スクリーン印刷】
中版(22cmx33cm以内)
大版(33cmx44cm以内以内)
特大版(44cmx55cm以内)
※プリント可能の最大サイズは幅44cm縦55cmです。

【シート熱圧着】
ワンポイント(7cmx10cm以内)
小サイズ(10cm×15cm)
中サイズ(15cm×20cm)
大サイズ(20cm×30cm)
※大サイズよりも大きいサイズをご希望の場合はご相談下さい。

▼ご注意▼
ご注文ボディーに子どもサイズと大人サイズ等で大きさに幅がある場合
版のサイズを子ども用ボディーに合わせて統一するか、
子ども用と大人用で別サイズで製版するかの2つの方法があります。
後者の場合はご注文枚数によって製版代が追加で発生する場合があります。

silk-art
デザインを考える。

まず最大のポイントは色数です。
スクリーン印刷の場合、1色増える毎にコストが上がるため、使用するインク色を1色~4色程度にすることで最大のコスパが得られます。
色数が多いほど良いデザインができるとは限りません。
デザインはシンプルがスッキリしていて分かりやすく、費用も安く抑えられます。
シート熱圧着の場合はフルカラーなので色数の制限ありません。

デザイン依頼 もしくは、デザイン入稿

デザインが決まったらいよいよデザインをシルクアートにお伝えしていただきます。
手描きでカンタンにデザイン依頼する方法と、お客様自身でデザインデータを作製して頂きデザイン入稿する方法の2つの方法があります。

お客様のデザイン依頼もしくは、デザイン入稿したデータを元にレイアウトを作成し確認作業に入ります。
プリント手法、色数、位置などの話し合いをします。納得頂けるオリジナルウェアの仕上がりが決まる重要なポイントです。

デザインの書き方
自分でデザインをする。

1、手書きで書いた絵などをそのまま印刷する方法
・手描きにクレヨン、水彩などは使用しないでください。
・絵の輪郭はハッキリと描いてください。
・鉛筆等でのグラデーションは使用しないでください。
・実寸サイズに近い大きさで作成してください。

2、パソコンでデザイン画を作成しデータを送って頂く方法
・描画ソフトで作成されたデータをそのまま送られる場合、対応フォーマットはAdobe Photoshop CS3とAdobe Illustrator CS4となります。
 上記以上のバージョンで作成されたデータはJPEGかTIFF、PDF、EPSいずれかのフォーマットに変換して下さい。
・描画ソフトで作成されたテキスト文字は必ず以下の手順を踏んでから送ってください。
 Photoshop:文字をラスタライズすること
 Illustrator:文字をアウトライン化すること
・カラーモードはCMYKにしてください。
・データは実寸サイズ、解像度は300dpiで作成してください。
・プリントサイズは「縦00cm✕横00cm」と具体的な指示をお願いします。
・シート熱圧着で印刷の場合は、高画質な画像でデータを作成する必要があります。(JPEGフォーマットはインターネットで使用されるもっとも一般的な画像
 フォーマットですが圧縮されていることもあり、その画質はあまりよくない場合がありますのでお気をつけください。)

デザインをお願いする

当社でのデザイン作成は基本的に無料です。
※複雑なデザインやゼロからの作成の場合は有料となる場合がございますのでご相談下さい。

1、手描きでイメージを伝える:説明などを加えたラフな絵を紙に描き、写真かスキャンをして送って下さい。なるべく多くの情報を載せてください。
2、画像でイメージを伝える:以前に作成されたTシャツ等、参考になる画像があればそれを送って頂きます。

シート熱圧着で作成する場合は、高画質な画像でデータを作成する必要があります。

・画質の良くない画像はこちらで修正を加えることになりますので、場合によっては校正手数料が発生します。

なお、当社で作成致しましたデザインの画像データは持ち出し不可であることをご了承ください。

制作例
プリントカラーについて

・シート熱圧着の場合
 インクジェット方式でプリントアウトしますので、基本的には送られてきたデータ通りの色で出力されます。
 元データのカラーモードがRGBの場合、CMYKに変換してから送ってください。

・スクリーン印刷の場合
 基本的にお客様から送られたデータから得られた色情報を元にインク調合を行っておりますが、モニターによって色の見え方が違う場合があります。
 より正確なプリントカラーの指示をされたい場合、実際に印刷されたもののサンプルや色見本の実物等をこちらへ送って下さい。

書体について

1.使用したい特定の文字スタイルがある場合
・フォント名を指定してください。当社のコンピュータにインストールされている書体であれば対応可能ですが、そうでない場合はフォントの参考画像になるべく  近い書体をこちらから提案いたします。
・Windows用のフォントデータ(拡張子が.ttf)のコピーを送っていただくことも可能です。(マックOSには対応しておりません)

2.まだ書体が決まってない場合は下記のリンク先サイトなどで入手可能なフリーフォントを参考にフォント名を指定ください。

サイト例:
アルファベット文字のフリーフォント集
http://www.dafont.com 

ひらがなやカタカナ、漢字等の日本語文字のフリーフォント集
http://fontfree.me/